不動産売却Q&A

鹿児島市 マンション売却  > 不動産売却Q&A

鹿児島市の中古マンション売却相場価格を瞬間査定

売却を依頼するとお金がかかるのですか?
売却をご依頼いただいた段階では、お金は一切かかりません。もしも成約に至らなかった場合は、一切お金はかかりません。
広告宣伝にかかる費用や、ホームページへの物件掲載料は必要ですか?
一般的に広告費用のご負担はありません。ホームページへの掲載をはじめ、新聞折込みなどの広告費用は、当社で負担しますのでご安心ください。成約に至った場合も、成約に至らなかった場合も、広告宣伝費や物件掲載料などはかかりませんのでご安心ください。
居住中でも売却できますか?
もちろん可能です。居住用不動産の場合は、居住中に売却活動をスタートするケースが多くなります。内覧の際は売主様のご都合を事前にお伺いいたします。
物件査定はどんなことを行うのですか?
物件査定には、机上査定と訪問査定があります。机上査定では、現地調査を行うことなく、周辺相場、取引事例などによって所有不動産の価格査定 を行います。スピーディに査定価格をお伝えすることができますが、あくまでも目安の価格となります。訪問査定は、実際に現地調査を行って、室内、付帯設備 の状態などを細部まで確認するとともに、役所調査、権利関係の調査等も行い精度の高い査定価格を算出します。
査定にはどのくらい時間がかかりますか?
机上査定では、周辺相場、直近の取引事例などから査定価格を導き出すものですので、数時間あれば口頭での返答は可能です。訪問査定は、実際に現地調査、役所調査が必要となりますので、査定書をお出しするまでには、数日いただくこととなります。
売り出し価格はどのように決めるのですか?
最終的には「査定価格」をベースにして、売主様に「売り出し価格」をお決めいただきます。ただし、最近では買主様側もインターネットを活用して物件情報を検索し、周辺相場のデータを持っているケースがほとんどです。担当者と十分ご相談の上で、ご自身でも納得できる売り出し価格を設定してください。
査定価格と違う金額で売りに出しても良いのでしょうか?
査定価格は、周辺の相場や顧客の動向など様々なデータから、客観的に算出してご提案しております。これを基に、ご売却を急がれるのか、余裕を持ってご売却をされるのか、ご自身の様々な状況を考慮にいれて売出価格をお決め頂きます。あくまでも、売出価格の決定権は売主様にあります。 ただし、相場価格よりも大幅に高く売り出すと、販売期間が長期化し売れ残ることが考えられます。適切な価格で適切な期間内に売る切ることが重要だとお考えください。
売却にかかる諸費用は?
売却にかかる主な諸費用は、仲介手数料・印紙代・抵当権抹消費用・引越し費用です。売却益が出た場合には譲渡所得税・住民税が課税されます。このほか、敷地の境界がはっきりせず境界標設置が必要な場合には境界設置費用・測量費用がかかり、土地を更地で引き渡す場合には建物解体費用などがかかります。
買い替えなのですが、仮住まいが必要なのでしょうか?
買い替えの場合は、売却を優先する場合と購入を優先する場合がありますが、実際には売却を優先するケースが一般的です。その際は、仮住まいが必要となる場 合もありますが、短期間であれば、決済完了後、買主様から引渡し猶予をいただく場合もあります。お客様に最適な買い替えプランをご提案いたし ますので、お気軽にお問い合わせください。
売却代金はいつの時点でもらえるのですか?
一般的には、契約時に手付金として売買代金の5~10%程度、引渡し時に残代金全額を受け取ることができます。
隣地境界が見当たりません。どうすればよいでしょうか?
不動産売却にあたり、隣地境界の確認は非常に重要です。はっきりしない場合は、土地家屋調査士に依頼し、境界票を設置する必要があります。境界票の設置にあたっては、隣地の所有者の立会いが必要となりますので、事前にご相談ください。
リフォームをする必要はあるのですか?
原則的にはリフォームの必要はありません。リフォームをすることで、印象が良くなり早期売却が実現することもありますので、担当者と十分にご相談ください。
エアコンに不具合があります。事前に修理が必要ですか?
特に必要ございませんが、一般的に使えない状態のものを受け取る方はいらっしゃらないので、修理しないのであれば撤去を希望される買主様が多いと思います。 また、設備の中でも給湯器のような日常生活に不可欠なものに不具合があると売買自体が成立しにくいので、この場合は事前に修理しておくことをオススメします。 なお、契約時に「付帯設備表及び物件状況確認書」という書類を作成し、買主様に引き渡す付帯設備や物件自体に見えない不具合があり、それを把握している場合はその箇所を告知しなければならないことになっています。
共有名義の不動産でも売却することはできますか?
共有者全員が売却に同意すれば可能です。売買契約の締結や登記手続き書類への署名捺印は、原則として本人が行う必要があり、実印や印鑑証明書などは、それぞれの名義人が用意する必要があります。
売却した場合も確定申告は必要ですか?
サラリーマンの方であっても、売却した年の翌年に、確定申告をする必要があります。各税務署で確定申告書の書き方について、無料相談を実施していますのでお問い合わせください。
売却した年の固定資産税はどうなりますか?
固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日現在の不動産所有者に対して課税されます。 引渡しの日をもって日割りで案分し、精算します。
<例>固定資産税+都市計画税=年間12万円、引渡日が6月2日の場合
  • 売主負担:1月1日~6月1日までの負担 12万円×152日÷365日=5万円
  • 買主負担:6月2日~12月31日までの負担 12万円×213日÷365日=7万円
権利証(登記識別情報)を紛失してしまいました。どうしたらいいでしょうか?
権利証(登記識別情報)を紛失してしまった場合、司法書士に依頼して本人であることが確認できれば、司法書士作成の証明書で登記手続きをすることが可能です。こまかな手続きがございますが、担当者がすべてサポートさせていただきますのでご安心ください。
売主様の声
会社概要
株式会社ビジネスパートナー
  • ミニミニFC鹿児島
    株式会社ビジネスパートナー
  • 所在地
    〒890-0054 鹿児島市荒田2丁目25-18-1F
  • TEL/FAX
    099-253-7700 /099-253-6400
  • 免許番号
    鹿児島県知事(6)3884号
会社概要
鹿児島マンション不動産
鹿児島マンションカタログ
既存住宅かし保険